キネシオロジーって楽しくて不思議

日本から届くニュース画面を見て言葉を失っています。甚大な土砂災害で尊い命を失われた方々のご冥福を心よりお祈りしています。。。

9月に入り、急にロンドンも雨が多く、寒くなってきました。ストールを一枚バッグに入れて外出しないと、一日のどこかで忘れたことを後悔するような季節です。イギリスも日本も、四季のあるおかげで、その移ろいを楽しみ、また惜しむなかで、美しい絵や詩、旋律といったアートがうまれ、私たちの生活に豊かさをもたらしてくれます。

一方で、身体的には、寒さは少しずつ体から熱を奪い、確実に免疫系の働きを下げてしまいます。筋肉の緊張をうみ、毛細血管を狭め、その結果、血の巡りの悪くなることが、女性の場合には子宮の本来持っている育む力、産む力を弱めることも分かってきています。ホルモンの分泌や、卵子の成長、着床と妊娠期の全プロセスに深く関係してくるからです。

身体の冷えは、時に「心の冷え」も招いてしまいます。これは相互関係で、「なんとなくあったかい気持ち」、「心がほっこりしている」と思う時には、身体もホコホコとなり、血流量も実際に増すことが知られています。つまり、気持ちが安定していると、より妊娠しやすいカラダになっていくのです。

このことは、東洋医学においては基本的な認識かもしれません。日本人であれば、親、祖父母の代から「腹巻だけは忘れるな」、「肩を冷やしちゃダメだよ」、「首まわりはあっためて」など、なにかしらは絶えず言われて育ってきているので、私たちの価値観のなかには冷えに対する「抵抗感」が刷り込まれています。しかし、欧米では、その私たちにとってごく当たり前の価値観=プロテクションが「薄いなぁ!」と実感することがあります。ですから、不妊治療などの性と生殖に関わる分野で、鍼灸をはじめとした血流量を高める施術や、楽しく続けられる毎日のエクササイズ、そして食物の陰陽をとり入れた身体を温める食療法が欧米でも注目されてきたことを嬉しく思っています。

さて、そんな中、この一年ほど私がとても関心をもっているものに、キネシオロジーというものがあります。キネシオロジーは、骨格の歪みを調整することで知られるカイロプラクティックに、栄養学、心理学、経絡といった東洋思想を取り込んだ代替医療です。セッションの流れとしては、カウンセリングをしつつ、潜在意識のエネルギーの状態を「筋肉反射テスト」を用いて調べ、そこに滞りがあれば紐解き、本人にとって最適な状態へと導いていくというものです。

ロンドンでセラピストとして活動されている長澤紀子さんとは、一年ほど前に出会いました。彼女の主催するキネシオロジーのセッションは、キネシオロジーについてまったく知らなくても楽しめる不思議な魅力にあふれています。各方面で活躍している方々とのコラボセッションが多く、‘音とキネシオロジー’、‘色とキネシオロジー’、‘味とキネシオロジー’、‘香りとキネシオロジー’といったように、毎回、五感をフルに使った内容が織り込まれていて発見がいっぱいです。

この発見というのは、自己再発見のこと。「へー!私ってこの色がこんなに好きだったんだ!」とか、「あれ?もっとこの音を聴いていたい自分がいるぞ」というように、自分の感じる事々をあらためて意識するだけで、驚くほどに心身のコリがほどけ、楽になっているのが感じられると皆さん言います。

「最終的には、自分に勝る癒し手はいない」このことは繰り返し「キネシって根in ロンドン」(http://ameblo.jp/lkroot/entry-12072716387.html )というタイトルのブログなどにも紀子さんがご自身の言葉で書かれていますが、「究極的には、自分が自分を癒せる存在であるんだよなぁ」と私もあたらためて思います。紀子さんがコラボワークショップと同時に開かれている‘カフェキネシ’という毎月の定例会は、キネシオロジーの実践的なセッションを中心に、参加した方が心からの笑顔になれるようにと想いをこめて開かれているそうです。週末は小学校の先生もされている多忙な紀子さんですが、長年の自分探しの旅を通して、また、セラピストとして、教師として、本当にたくさんの自分発見をされてきたことで、芯からキラキラと光り輝いている方です。

その長澤紀子さんを10月の‘らくだの会’にお呼びして、これから赤ちゃんを授かろうというステージの方、頑張っていらっしゃる方に向けてワークショップを開くことになりました。実は紀子さん自身、キネシオロジーに出会う前は頑張り屋さん過ぎて、筋肉が緊張していたために「隠れ冷え」を抱えていたといいます。キネシオロジーは、身体からの信号を読み取ったうえで、自分の本当に望む状況に現在いるのかどうか、自分自身の現状を知るテクニークでもありますので、「授かること」に対して義務感を感じてしまっている方、心身ともにお疲れ気味の方に参加して頂き、自分の内側に備わる可能性を知ることで元気をもらい、より妊娠しやすいカラダづくりに向けて考えるきっかけにして頂ければ幸いです。

 

10月 らくだの会

今月のらくだの会では、現在、赤ちゃんを授かりたい方を対象に開催します。今回のコラボセッションでは、キネシオロジストの長澤紀子さんを講師としてお招きします。

授かりたくて努力している自分自身について、より深く知って、具体的な対策を考えていきます。キネシオロジーのミニ個人セッションのほか、呼吸法による内観、フリーダンスで身体の動きに加わる変化を感じて頂きます。また、ペインティングやスタンバイエンジェルチャームづくりを通して、自分だけのアファーメーションを見つけます。

身ごもっているかもしれない未来の自分像や、自分なりの妊娠へのヴィジョンをふくらませ、現状での自分のウィークポイント・不安な部分を的確に知り、認めていくうえで、何が今日から実践できるのか、妊娠に向けた具体的な方策を増やしていきましょう。

動きやすいストレッチ素材のボトムズでいらしてください。また、ヨガニードラの瞑想中に足先が冷えないように、厚手のソックスやルームシューズなどもお持ちください。

手前に立っている白い服が長澤紀子さん。受講された方にキネシオロジーを試したところ、あまりの効果にご本人が(お腹の赤ちゃんと一緒に)驚かれた素敵な瞬間です。

手前に立っている白い服が長澤紀子さん。受講された方にキネシオロジーを試したところ、あまりの効果にご本人が(お腹の赤ちゃんと一緒に)驚かれた素敵な瞬間です。

<長澤紀子さんからのメッセージ>

カラダのエネルギーを体感し、カラダの声を聞いてみましょう。自分の軸を感じながら、自分に合った物を選び、感情や思考のバランスをとる経験をしてみましょう。妊娠だけに限らず、これからの人生を 「より豊かに自身で選び取る事が出来る」 という自信がふつふつと芽生えていくかもしれません。

10/21(wed) 10:30-14:00
場所:TW2(リッチモンド周辺)※詳細は追って参加者にお伝えします
参加費:30ポンド(ヘルシーランチ付き)
制作したスタンバイエンジェルチャームはお持ち帰り頂けます

お問い合わせ&お申し込みはメールにてお願いします。

akikobirthdoula@gmail.com

広告